2011年06月02日

衆院本会議で内閣不信任案を否決,菅首相は退陣を表明


うーん。東日本大震災の復興について全然進んでいないのに政局ばかりで内閣不信任案の提出まで行きました。なんかスッタモンダした上で,適当な時期に菅総理大臣が退陣を約束した上で,民主党の内部でまとまりが出て最終的に内閣不信任案の否決になりました。そもそも不信任案を出し奴は何を考えているのか?何を考えているのかなぁ。

あと,今回のスッタモンダで野党の出した内閣不信任案に同調した松木謙公・横粂勝仁の二人はいったいどうしたもんでしょうか。まず民主党内で代表を変える手続をとるのが優先されるのではないでしょうか。それを飛び越えて野党の出した不信任案に乗っかるは理解に苦しみます。時事通信のWeb版によると民主党最大の支持母体である連合の古賀伸明会長が「政権与党の体を成していない」と痛烈に批判しています。同感です。たまには思い出したようにまともなことをいうなぁ。

ところで,今回の件ではどうやら鳩山・菅の間でいろいろとあったようです。またというか,この二人の間で辞任の時期に認識の違いがあるようです。菅総理の後継がだれになるか。辞任の時期はいつになるかで一波乱も二波乱もありそうです。

posted by まったりな。 at 18:38 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック