2011年06月03日

低能な野党は結局ところ何がしたいのか。

以前のエントリーで不信任案否決→退陣でまとまるのではないかと書きましたが,その通りになりました。復興支援のためには政治の安定性が何より必要である(不十分でも復興支援をしている方がマシです)という理解に立てばこうなるのは分かりやすい図式です。

政治混乱で省内作業が停止、復旧事業に遅れも
この記事によると一連の馬鹿さわぎでやはり復興支援への作業が遅れているようです。政治の安定性が必要だとの認識すらもたず,小沢一郎・鳩山由紀夫を頼んで今回の馬鹿騒ぎを始めた野党には大きな責任があると思います。政治は結果責任を問われるものですから,与党である民主党内の行った言わないという内紛劇はおいといて政治を混乱させた野党の責任は重いです。

「それはウソ」色をなす鳩山前首相
民主党内のゴタゴタをわざわざ国会で追及している姿勢にも理解が不能です。だいたい国会では災害復興を議論するのが先ではないかと思うのですけどねぇ。100歩退いて総理の資質があるかをただす意義があるとしても,復興支援が先だと思うのです。今回の件では鳩山由紀夫が道化師になっちゃったわけですが,なんか役どころがぴったりとしていて笑っちゃいます。

他方で,遅々として進まないようにみえる(実際の所はよく分からん)復興支援は,どうやら菅総理の問題は何でもかんでも自分が口はさまないと気が済まないところにあるようです。「退陣とはいってない」とだまし討ちにしたわけですが,希代のペテン師か叩かれてもへこたれず仕事をしたという大政治家になるかは菅総理の今後の仕事にかかっていますがどうなるのでしょうね。少なくとも移ろいやすい世論調査に右往左往するようなことをしないで貰いたいです。世論が常に正しいわけではないのです。

そんな菅総理を下ろす最高にして最大の手段を当面ところ失った野党は低能であると思わざるを得ません。おそらく次の選挙では民主党は負けると思うのですけど,それにかわる対抗勢力がこの体たらくでは官僚主導の統治体制を覆すことは出来ないのじゃないかとガッカリさせられます。それでもどうしても菅総理を下ろしたければ民主党を割るか民主党代表選で他の政治家を選ぶしかないことになります。

posted by まったりな。 at 18:33 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック