2011年06月22日

『陰陽師 醍醐ノ巻』

陰陽師 醍醐ノ巻陰陽師 醍醐ノ巻
夢枕 獏

文藝春秋 2011-05
売り上げランキング : 3522

Amazonで詳しく見る

好きなシリーズの一つ『陰陽師』の最新刊が出ていたので買ってきました。また,安倍晴明と源博雅の二人の活躍を読むことが出来ます。『陰陽師』のシリーズは面白い上に読んでガッカリするようなことがない安心して読めるので好きなシリーズです。今回も期待を裏切らない9話のストーリーを読むことが出来ます。今回の『陰陽師 醍醐ノ巻』で印象に残ったのは冒頭の「笛吹き童子」です。天皇の命で博雅が童と笛比べをするというのが基本的なストリーなんですが,苦悩する博雅が蘆屋道満にまで相談しに行ったり,大変です。で,どんどん引き込まれるのですが,こういう展開になるのかとちょっとビックリしました。誰にでもお勧めできるシリーズなので是非に読んでいただきたいです。

posted by まったりな。 at 16:13 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック