2011年06月29日

菅首相に批判相次ぐ、民主両院議員総会


菅首相は,東日本大震災をめぐり東京電力の福島第1原発事故への対応や被災者支援の遅さなどを厳しく批判されており,特に与野党執行部と協議せずに最大野党の自民党から政務官を抜てきした人事については,民主党や閣内からも批判が起きているそう。まぁだいたい去年の参議院選挙の大敗の責任を取らないし何をやっているのか分かりません。野党ボケが治らないのかボーンと政策やら政見やらを打ち上げて,実行と来たらぜんぜんダメですからねぇ。何を考えているのでしょうか。

共同通信の世論調査によると,菅内閣支持率は23.2%で,6月上旬の内閣不信任決議案否決直後に実施した前回調査33.4%から急落し,菅直人首相の続投について「政治空白が生じている」との回答は66.3%を占めたそうです。議論すれば分かってくれるとか意味不明で消費税増税をぶち上げ参議院選挙に大敗したツケは大きいです。とか言って最大野党の自民党もだめ出しなぁどうしたものか。

posted by まったりな。 at 19:49 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック