2011年07月04日

携帯電話の脳腫瘍リスク,「科学的証拠ない」と英がん研究所


世界保健機関(World Health Organization,WHO)の国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer,IARC)が中心となって実施したインターフォン研究で,携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスクを高める恐れがあるとの結論が出たことを受け,国際非電離放射線防護委員会(International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection)が発足させた研究チームが携帯電話と脳腫瘍に「関連性があることを示す有力な証拠はない」との結果が示したそうです。詳しい話しは記事を見て貰うにしても,いったいどちらの結論がより適切なのかイマイチよくわかりません。まぁ危険という人がいる以上は,リスクは皆無ではないというのが落ち着きの良い結論なんでしょうかね?

posted by まったりな。 at 21:20 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック