2011年07月05日

松本復興担当相が辞意表明


松本龍復興担当大臣が就任後初めて,宮城県庁を訪れたとき,村井知事が出迎えなかったことに腹を立て,知事に暴言を吐きました。就任してあっという間に辞めてしまいました。暴言の内容も酷いし,いいわけもめちゃくちゃで凄いなぁと思うと同時に何でこんなことになったのか不思議です。復興を支援するため激励するならともかく,暴言を吐くなどまともな感覚ではないです。どうやら復興担当大臣をやりたくなかったらしくわざと暴言を吐いたのかかもしれないです。この件ではもう一つ付随的にメディアが松本復興担当大臣が「今の最後の言葉はオフレコです。書いたらもうその社は終わりだから」とか発言しています。で,今回の件についてあまりメディアは報じていないような感じでした。なんかどんどんメディは劣化していきますね。マスゴミではなくカスゴミと書くことにしようかなぁ。なんで日本のメディアは権力の監視が出来ないですかねぇ。

posted by まったりな。 at 21:31 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック