2011年07月13日

離婚協議中の妻が夫の性器切り落とす


カリフォルニア州ガーデングローブに住むキャサリン・キュー・ベッカー容疑者は,別居中だった夫を自分の住まいでの夕食に誘い,何らかの薬物を盛って眠らせたあげくにベッドに縛り付け,性器を切り落とし,毒物混入行為と暴行容疑など6つの罪で逮捕されました。夫が語ったところによると,食事の後しばらく横になったが,次に意識が戻ったときにはベッドに縛られ,ベッカー容疑者が自分の服を脱がし,同容疑者が性器をつかんで切り落とし,性器を生ごみ粉砕機に放り込み,スイッチを入れたそうです。性器は回収され,夫と一緒に病院へ搬送されたが,手術によって再生できたのかどうかについては明らかになっていないらしいです。なにがそうさせたのでしょうか。

posted by まったりな。 at 19:09 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック