2011年07月30日

ノルウェー銃乱射の島から少女が母に送ったメール「みんなが死んでる」


ノルウェーのウトヤ島のサマーキャンプで22日に起きた銃乱射事件に巻き込まれた16歳の少女が,現場から母親と75分にわたって送受信したメールの内容がノルウェー各紙の一面で公開されたそうです。サマーキャンプに参加していたユリーさんは,アンネシュ・ベーリング・ブレイビク容疑者が殺戮(さつりく)を繰り広げるなか,岩陰に隠れて携帯電話から46通のメールを母親と交わし,ユリーさんは「ママ,急いでと警察に言って。みんな次々と死んでるの」と必死に訴えるなどメールからは緊迫した状況が伝わってきます。メールのやりとから必死な感じハッキリとわかり,心が痛みます。また,亡くなられた方のご冥福をお祈りもうしあげます。このようなことが2度とないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

posted by まったりな。 at 20:29 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック