2011年08月04日

政府・日銀,円売り介入に踏み切る


外国為替市場で,ドルが一時80円まで上昇して3週間ぶりの高値を更新した。政府・日銀のドル押し上げ介入を受けて,東京時間の安値76.98円から3円以上上昇した。また,日銀は金融政策決定会合を前倒しして追加緩和に踏み切りました。国債や社債などの金融資産を買い入れる基金を約10兆円積み増し,50兆円程度とする追加金融緩和策を全員一致で決定した。ゼロ金利政策は維持し,無担保コールオーバーナイト物を0〜0.1%程度で推移するよう促す。円高阻止に向け,市場に潤沢な資金を供給することで日本経済を下支えするつもりのようです。為替加入は日本の単独だし,日銀の金融政策は遅すぎ,さらに規模も小さく,資金も逐次ということで,おそらく効果は長くは続かないでしょうね。どうするつもりなのだろうか。

posted by まったりな。 at 23:38 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・プチ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック