2011年08月06日

進む円高の謎など世界経済の3つの逆説


謎が3つほどで,まず,対ドルに対してユーロ高,つぎに,格付け会社の分からない基準,最後に,円高ですね。最初の対ドルに対してユーロ高なのはドルが弱すぎるということなんでしょう。対ドルの円高についても同様だともいます。あと,円高は他の通貨に対して経済状態が相対的に安定していることだろう思います。よく分からないのが格付け会社なんですけど,結局のところ証券会社のレポートみたいなモノと考えればあまり信用できないじゃないかと思います。そういえば,日本にも格付け会社ってあるのかな。まぁいろいろ経済の先行き不透明なので,ベルルスコーニ首相(イタリア)とサルコジ大統領(フランス)が電話会談で会談し,先進7か国(G7)の緊急財務相会議を近日中に開くよう各国に要請することで一致したそうです。世界経済の動揺が広がっていることから,市場の安定化策などを協議するらしいです。サプライズがあって持ちなおすといいのですけども。

posted by まったりな。 at 16:47 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック