2011年08月15日

戦後66年,終戦の日の靖国神社


終戦記念日で,全閣僚が靖国参拝しないことになりました。他方で,国立追悼施設の調査費計上を来年度も見送って,戦没者などをどのように追悼するのかキチンとした議論のまま66年もの歳月がながれました。個人的には,日本の歴史などを外国の人にも尊重して貰いたいとことから靖国神社とはことなる国立の追悼施設があればいいのだろうと思います。靖国神社に参拝することがなんか政治的なイシューになるのは残念だと思いますが,神社という形式上宗教的に受け入れられない人もいるし,その形式を取ることで日本の歴史を尊重する機会が無いことが残念でなりません。

その他,政府が主催する全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれれました。天皇・皇后両陛下のご臨席し,菅直人首相や全国各地の遺族ら約6,100人が参列し,戦争の犠牲となった軍人・軍属約230万人および一般市民約80万人のあわせて計約310万人の冥福を祈るとともに,平和への誓いを新たにしています。全国戦没者追悼式での内閣総理大臣式辞は,東日本大震災への言及以外はいままでと特に変わった点はないように思います。

タグ:靖国神社
posted by まったりな。 at 17:20 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック