2011年08月19日

存在感増す中国版ツイッター「新浪微博」,ユーザー2億人に


中国版ツイッター「新浪微博(シナ・ウェイボー)」の第2四半期決算発表で,曹国偉(チャールズ・チャオ)最高経営責任者(CEO)は,「立ち上げからわずか2年で,新浪微博の登録ユーザーは2億人を超え、,ンライン上の一現象となった」と宣言したそうです。中国では情報統制の一環からツイッター(Twitter)へのアクセスが規制されているためにユーザーが多いのではないかと思います。日本でもユーザーがいるようですが,日本に本格参入するという記事を見ました。ツイッターに似ているようですが,投稿者の位置情報の表示機能,イベント・グループ機能,アンケート機能なども備えているところがちょっと便利かもしれませんね。新浪微博では,そのサービスを「米国におけるTwitterとFacebookを組み合わせたようなソーシャルネットワークメディア」としています。日本のSNSはゲームをメインにしているところが元気がいいですが,それ以外は外国のサービスの後塵を拝しているように見えるのが残念です。

posted by まったりな。 at 20:12 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック