2011年08月22日

リビア反体制派が首都トリポリ要所を制圧、カダフィ氏邸宅付近で戦


リビアの既存政権大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者カダフィ大佐の打倒を目指し,ベンガジを根拠地とする反対勢力リビア国民評議会が大半を制圧した首都トリポリで,カダフィ大佐の居住区兼軍事基地があるバーブ・アジジヤ地区周辺で戦車の砲撃を含む激しい戦闘が発生したそうです。外交筋はAFP通信に、カダフィ大佐が同基地に滞在している可能性があると述べており,最後の抵抗を試みているもようです。カダフィ大佐は投降を拒否し,ラジオを通じて徹底交戦を呼びかけている。

反政府勢力スポークスマンはロイター通信に対して,首都の大半を制圧した後、4時間にわたって平穏な状態が続いたが,バーブ・アジジヤから複数の戦車と重機関銃を搭載した四輪駆動車が姿を現し、銃声の聞こえる方向に無差別で発砲や砲撃を始めたと語った。中東の衛星テレビ局アルアラビアによると,反政府勢力や民衆が首都の「解放」を祝った「緑の広場」周辺には政権軍の狙撃手が展開,デモ隊に発砲しているとの情報もあります。 

posted by まったりな。 at 18:12 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック