2011年08月26日

菅首相が退陣を正式表明

 
菅直人首相は26日午後の民主党両院議員総会で退陣を正式表明していましたが,改めて18時から会見を開き,正式な辞任を表明しました。参議院選挙では唐突に増税路線を表明して,参議院で少数派なったことから国会運営で行き詰まったのが根本的な原因ではないかと思います。ねじれ国会にもかかわらず反小沢として党内での意見をまとめられないし,東日本大震災では議論と人事が熱心でなかなか被災者への支援が進まないことも支持が減った原因の一つです。どうも野党時代が長いからか議論ばかりで実行がおざなりだったようにみえるところがやはり支持できないところでした。脱原発を掲げるものの被災者支援や復興対策の遅さから(失策と言えばこれくらいしかないが),単なる延命策にしか見えなかったところが情けないところだなという印象的でした。さらに目立たないところでは,明らかに前任の鳩山内閣よりも情報公開の点で後退していたことが残念でありました。民主党の一枚看板だったはずなのに一体どういうことか分かりません。これがカスゴミ(メディア)での印象操作に負け,さらに支持率の低下を招いたと思います。このように短命内閣ばかりが続く状況は,日本の事態の弱体化を招きかねないのでどうにか対策をとならないと思いますがどうにもならないのかな。

参考リンク
両院議員総会で行った正式退陣表明の要旨
以下は,時事通信社のサイトの引用です。
菅直人首相が26日の両院議員総会で行った正式退陣表明の要旨は次の通り。
 きょうは参院本会議で特例公債法、再生エネルギー特別措置法が成立した。先に2011年度第2次補正予算も成立している。6月2日の代議士会で、「一定のめどが付いた段階で若い世代に責任を譲りたい」ということを申し上げた。きょうこれらの重要案件が全て成立したことを受け、これまで話した通り、私として本日をもって民主党代表を辞任させていただきたい。新たな代表が選任された後、速やかに内閣総理大臣を辞職し、内閣総辞職という段取りを取っていきたい。
 参院選で、私自身の責任もあって大きく議席を減らし、ねじれという状態になった。さらに、党内でもいろんな意見があって十分にそれがまとまりきれなかった部分もあったことなど、厳しい環境、条件があったが、私自身はやるべきことをやった。
 気持ちよく次の代表、次の首相に立派な方を選んでいただきたい。今後、この党が本当に国民の皆さんから信頼され、自由闊達(かったつ)な党として、自由に議論し、ひとつの方向性を出したときには、それをみんなで協力して進めていく、そういう党風を改めて再構築していただきたい。
 3月11日の東日本大震災、そして福島第1原発事故に遭遇したときの内閣総理大臣、このことは歴史の中で消えることはない。これからも放射能汚染の問題、復旧・復興の問題、原発に頼らなくてもしっかりと経済も生活もやっていける、そういう原発に依存しないでもやっていける社会の実現を目指して精いっぱい、一政治家として、あるいは一市民として頑張っていきたい。(2011/08/26-16:03)


菅内閣総理大臣記者会見-平成23年8月26日 - 政府インターネットテレビ

posted by まったりな。 at 18:49 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック