2011年08月27日

民主党代表選告示され5氏が立候補を届け出


菅首相の辞任を受けて民主党の代表選が告示されました。立候補を届け出たのは海江田経産相,前原誠司前外相,野田佳彦財務相,鹿野道彦農水相,馬淵澄夫前国交相の5人です。事実上の次の総理大臣となるわけですが政策の違いが知りたいのですがなかなかよく分かりません。

ロイター〔情報BOX〕民主党代表選、立候補5氏の政見要旨一覧が見られます(※下で引用させ貰います。)。

ちなみに,カスゴミ(新聞・テレビメディア)では前原前外相の露出が多いのでどうやら前原前外相を推したいようです。他方で,民主党内で多数派である小沢元代表と鳩山前首相のグループが推す海江田経産相が有利なようです。ツイッターのタイムラインなどを見ると今回の民主党の代表選に余り興味が無い人もいるようです。しかし,今日をもって注視する必要があるようです。

前原外相 外国人から献金 規正法に抵触 暴力団関係者からも - 2011年3月5日(土)「しんぶん赤旗」
そもそも首相の器にあらず…
辞任の前原誠司前外相 銀座のクラブで暴力団とズブズブ"黒い交際" - web魚拓
それはなにより,違法である外国人献金問題と暴力団関係者への利益配分と献金を受けていた前原前外相が立候補しているからです。政治資金規正法が禁じる外国人からの献金を認めて外相を引責辞任しているにもかかわず,さらに外国籍の個人3人と外国人が経営する1法人から計34万円の政治献金をうけていたのです。前回ですべてを明らかにするべきであった思います。また,暴力団との関わりのためにタレント・島田紳助が引退したばかりなのに,政治家である前原前外相は暴力団のフロント企業・NPOから政治献金を受けていたことが指摘されています。このような人物に日本の舵取りを任せて良いのでしょうか。

また,闇の勢力とずぶずぶの関係のある前原前外相について,その資格があるかについて報道はほとんどされません。なんかカスゴミも実は闇の勢力となんかずぶずぶの関係でもあるのかなぁと疑いが生じてきます(新聞は過去の販売競争の課程で暴力団とずぶずぶの関係にあったからか「新聞はエリートが作って,ヤクザが売る」などといわれてきました。)。

上記のような問題のある前原前外相には次の総理大臣としての資格はないと思います。そのため,今回の民主党の代表選には注視する必要があると思います。
※<前原誠司前外相>
@マニフェスト(政権公約)
 ・マニフェストの理念を堅持しながら、東日本大震災発生後の経済・社会情勢の現実に即して、実現に向けて挙党一致で取り組む。
@与野党協力
 ・衆参ねじれ国会を前提に、与野党調整の一層の信頼関係構築。
@震災復興と復興増税
 ・大型の第3次補正予算を早期に執行
 ・復興財源は、安易に増税に頼らない。PFI(民間資金を活用した社会資本整備)/PPP(官民連携)や復興ファンドなどの民間資金の活用等を検討し、財政支出の圧縮を目指す。
 ・復興債償還計画は、経済を回復軌道に乗せた上で、増税を含めてしっかりとした償還計画。
@エネルギー政策と原発
 ・原発事故に国が全面的に関与し事故収束と賠償、廃炉進める
 ・官邸主導でエネルギー改革。原子力依存を中長期的に低下。既存の原発は安全性を十分確認できたものについて再稼働。
@社会保障と税の一体改革
 ・日本経済を成長軌道に乗せ、その果実を財政に寄与。中長期的な財政の健全性を担保しながら、党内の議論を踏まえた「税と社会保障の一体改革」を進める。
@円高対策と成長戦略
 ・円高と空洞化対策に緊急に取り組む。3年間をデフレ脱却と潜在成長率のアップの集中期間として、大胆な財政政策と金融緩和政策。政府・日銀の共通政策目標設定で金融政策の機動性と実効性高める。
 ・外為特会などを活用、国家戦略ファンドを創設し、円高対策も兼ねた海外の成長分野への投資を積極的に行う
@外交・農政・その他
 ・日米同盟を基軸としつつ、アジア諸国をはじめとする主要各国との信頼関係の構築に全力。自由貿易体制の拡大等経済外交を積極的に推進。
 ・戸別所得保障制度の確立などで若者の定着できるもうかる農業確立し食料自給率50%目指す。

 <馬淵澄夫前国土交通相> 
@マニフェスト(政権公約)
 ・これまで実現できなかったのはマニフェストが正しくなかったからでなく実行体制に原因。
@与野党協力
 ・大連立排除しないが現在の政見枠組み前提。丁寧な政党間協議を忍耐強く積み重ねる。
 ・独自財源を持つ復興庁を年内に設置。被災地に特区設置。
 ・財源は長期償還の国債や無利子非課税国債等でまかない、安易な増税に頼らない。
@エネルギー政策と原発
 ・福島第1原発事故の収束は国の権限と責任で行う。
 ・耐用年数の経過した原子炉は段階的に廃炉し、脱原発依存へ転換。核燃料サイクル政策は根本的に見直す。
@社会保障と税の一体改革
 ・2010年代半ばまでに経済を安定成長路線に乗せ自然増収確保し、その上で財政再建着手。
@円高対策と成長戦略
 ・急激な円高・株安を踏まえ、2011年度第3次補正予算と12年度予算は積極的な予算編成。
 ・長期デフレからの脱却と円高の是正をめざし、3年間の集中デフレ脱却期間を設け、マネーサプライの増加など大胆な金融政策を駆使。
@外交・農政・その他
 ・日米同盟を基軸としアジアの安全保障リスクに対応できる体制構築。海上警察権見直しなど毅然と対応できる体制整備。

 <海江田万里経済産業相>
@マニフェスト(政権公約)
 ・「国民の生活が第一」の実現に全力を尽くす。
 ・マニフェストの各項目について、漸進的充実、達成を図る。
@震災復興と復興増税
 ・被災者生活再建に万全期す。建設国債・無利子国債により増税なき復興財源捻出。
@エネルギー政策と原発
 ・福島第1原発廃炉と放射性物質除染は国の責任で行う。
 ・2020年代初頭までに、原発依存度を20%以下に引き下げる。原則、新規建設は凍結し、40年以内に原発ゼロ目指す。自然エネルギーを育成、20年代初頭まで総発電量の20%へ。
@社会保障と税の一体改革
 ・基礎的社会保障財源として、景気回復後に消費税導入検討。
@円高対策と成長戦略
 ・日銀と協調して金融緩和を進める。為替介入にあわせ資源・エネルギー長期取得権など購入。
 ・経済連携協定(EPA)を積極的に展開。環太平洋連携協定(TPP)は慎重に検討。
@外交・農政・その他
 ・日米同盟を深化させ役割分担明確化。「東アジア共同体」構想を中心に地域間の信頼構築。
 ・食料自給率50%目指す。戸別所得補償制度をさらに充実。

  <野田佳彦財務相>
@マニフェスト(政権公約)
 ・今こそマニフェスト含め政権交代の原点に立ち戻る。
@与野党協力
 ・与野党間の実務者協議などで協力進める。
@震災復興と復興増税
 ・PFI(民間資金を活用した社会資本整備)活用し空港や上下水道など社会インフラ整備。
 ・「特区制度」の活用で被災地の企業誘致を進め、雇用創出。
@エネルギー政策と原発
 ・福島第1原発事故の安定的な収束実現。安全性を確認した原発の活用で電力安定供給。東日本大規模除染を国が前面に立って展開。
 ・原子力安全庁を設置。原発の信頼を回復し安全性確認した原発活用で電力安定供給を確保。
@社会保障と税の一体改革
 ・財政健全化に真摯に取り組む。無駄遣い排除した上で、歳入改革実行。社会保障と税の一体改革を実現する。
 ・事業仕分けを継続、強化し専任閣僚を充てる。公務員制度改革関連法案の早期成立を目指す。
@円高対策と成長戦略
 ・過度な外国為替市場の動きには日銀と連携し為替介入を含め断固たる措置。2011年度第3次補正予算を活用した緊急経済対策実行。法人税率5%引き下げの早期成立目指す。
@外交・農政・その他 
 ・日米同盟基軸に、多極化する世界に積極的に対応、全世界と経済連携。

 <鹿野道彦農水相>
@マニフェスト(政権公約)
 ・「国民の生活が第一」の理念の下、一つにまとまり日本を再生。
@与野党協力
 ・「1票の格差」問題で与野党協議を推進。
@震災復興と復興増税
 ・震災の復旧・復興と福島第1原発事故対応に全力を集中。子どもなどを最優先に放射能対策実施。
@エネルギー政策と原発
 ・原発依存の構造を見直し、エネルギーの最適な組み合わせの結論を得て実行。
@社会保障と税の一体改革
 ・景気動向に配慮しつつ、長期計画の下に着実に取り組む。
 ・社会保障と税の一体改革は、野党と十分な協議により成案を得て法制化を進める。
@円高対策と成長戦略
 ・急速な円高に対応し、経済安定化と雇用確保を図る。さらなる金融緩和措置とともに、過去の事例にとらわれずあらゆる可能性を追求、実行。
 ・経済連携協定(EPA)締結に努力。
@外交・農政・その他
 ・外交の基軸は日米同盟。中国、韓国と連携し、アジアの繁栄と安全保障に貢献。

タグ:民主党
posted by まったりな。 at 18:44 | 千葉 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5人から 誰が首相になるのかなぁ
Posted by 村石太レディ&鼻先 at 2011年08月27日 20:34
増税路線の前原・野田以外がいいですかね。
Posted by まったりな。 at 2011年08月27日 21:17
 なぜ前原候補がアンケート調査で1位になるのか?さっぱり私には分かりません。
 ひょっとして、自民党支持者の多い地域でアンケート調査をした?
 それとも、自民党贔屓のスポンサーに、札束で横っ面を張られていると思われる、多くの日本のマスコミが、「前原、前原」と、選挙運動でもするように連呼しているから?

 だとしたら、庶民は、変なマスコミに騙されないで欲しいと思います。
 前原候補は、庶民いじめのような政治を始めた小泉元総理と、親しい人間、つまり、自民党のスパイのような人物だと思うので。

 国会での自民党寄りの発言もそうですが、あの外相辞任。辞める必要などなかったのに、菅総理の足を引っ張るためにわざと辞任したように思われてなりません。(まあ、前原候補が、献金した人物を外国人と知っていた場合は有罪ですが…。もしかして、前原候補は知っていた?)

 それに、最近前原候補は、国後島に行ったようですが、現在の日ロ関係を考えたら、民主党の議員があちらに行くとしたら、小泉元総理からプーチン首相に口を聞いてもらうなどしないと、行けないのでは?と私は思います。(小泉元総理は、プーチン首相を訪問したりして、親しそうですから。ということは、最近ロシアが日本に対して妙に挑発的なのも、もしかして、小泉元総理のために、民主党政権の足を引っ張ろうと、プーチン首相が仕掛けている?などとも妄想したくなったりして…。)

 もし、代表戦で、そんな前原候補が選ばれることになったら、民主党は自民党に呑み込まれてしまうことになり、庶民のための政治は、庶民いじめの政治に逆戻りさせられることになると思います。それは、一番のマニュフェスト破りではないでしょうか?

 自民党が大きな発言権を有することになると思われる、大連立政権を作ろうとする候補が選ばれても、同様のことが起こると思います。

 そんな民主党代表には、私は絶対反対です。そんなことにならないよう、祈っております。


追伸  私は、次の総理は、自己中心的と思われる自民党の横槍に負けないようにするため、小沢さんがバックアップした方が良いのでは?と思っています。(小沢さんは冤罪と思いますから。)
 なので、海江田候補が良いと思います。
Posted by 通りすがりです at 2011年08月28日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック