2011年10月18日

オリオン座流星群は10月22日が極大

オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点があるオリオン座流星群が2011年10月22日に極大を迎えるそうです。母天体はハレー彗星で約3000年前のハレー彗星の塵による流星群で,2006年に突然活動が活発化し1時間に50個以上も観察できるようになりました。下弦の月による光で若干観測条件は悪いのですが1時間に10〜15個程度の出現が予想されています。おそらく一晩中観察できるはずですが,10月23日0時頃からが観察に適しています。明け方に南中しますので,夜半後がもっとも観察に適しています。

参考リンク
Google Sky
Google Sky Map

posted by まったりな。 at 22:01 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック