2011年12月01日

オリンパスのウッドフォード元社長が取締役も辞任し,委任状争奪戦へ


巨額の損失隠し問題が発覚したオリンパス(7733)のマイケル・ウッドフォード元社長が,弁護士を通じてオリンパス取締役の辞任届を提出したことを明らかにしました。ウッドフォード氏は,不正からの改革を実行する見込みや信頼性がない現経営陣と取締役を辞任することで一線を画して,自らを含めた独自の取締役を選任するため,オリンパスに臨時の株主総会の開催を求めるなどするため,委任状争奪戦(プロキシファイト)を始めるようです。ここ数日で日本生命保険相互会社など国内の大株主がオリンパス株を大量売却していることが明らかになっていることでオリンパス株を保有する外国人投資家が増えおりどうやらウッドフォード元社長のもくろみ通りになりそうな気がします。

posted by まったりな。 at 19:38 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック