2011年12月02日

ウィキリークスが市民を監視する「スパイ文書」を公開


内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ氏(まだ容疑者なんだ」)が市民を監視する技術を各国政府に売り込む「国際的な産業」に関する文書の公開を始めたと発表した。アサンジ氏の容疑でどうなるのかよく分かりませんでしたがウィキリークスはまだ活動しているようでちょっと意外でした。まぁ,日本ではメディアの権力監視機能が皆無に等しいのでウィキリークスみたいな活動が必要だと思うのですけどなぜか相手にされないような感じです。

posted by まったりな。 at 21:52 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック