2011年12月27日

しぶんぎ座流星群は1月4日に極大

一年の最初を飾る流星群で,8月のペルセウス座流星群,12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つに数えられるしぶんぎ座流星群(りゅう座ι(イオタ)流星群)が2012年1月4日16時ころに極大を迎えます。もっとも,直後の日没後には放射点が北の空に沈むのため,4日の未明(3日深夜すぎ)ごろが観測のベストタイミングとなるでしょう。1時間に約30個の流星が観測できるかもしれません。 しぶんぎ座流星群の放射点は,うしかい座とりゅう座の境界付近にあります。やや速度が速い流星が多いのが特長ですが,2012年は満月近い月が明るいため条件はあまり良くありませんが,3日26時(4日2時)ころに月が沈みますから,これ以降は月明かりの影響を受けずにすみます。ただし,極大日(流星群が活動する期間中で最も多く流星が現れる日)の前日や翌日には,ほとんど出現しません(ピークの前後1時間から4時間程度の短時間しか激しい活動が続かない)ので,観察には余り適さないかもしれませんね。

参考リンク
スマートステラ
星空ナビ星空ナビ

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 1233

Amazonで詳しく見る

posted by まったりな。 at 21:24 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック