2011年12月30日

「何もおめでたくない」,福島避難民の憂鬱な年越し


冷温停止を宣言し,さらに廃炉完了に最長で40年を要するとの発表があったとしても避難民にとっては元の生活に戻れるわけでもなく憂鬱になるのは想像できますね。国会で議論百出になっているようですが,ホントにそれが避難民の為になっているのか疑問があります。さらに東日本大震災において初動の政府対応をキチンと検証もしていないようなのでまた大災害が起こったらどうなるのかを想像しただけど恐ろしいです。中ぶらりんの生活が終わるようにする対策が求められるのですが,キチンと対応できているかまだ監視する必要があるようですね。

posted by まったりな。 at 18:33 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック