2012年02月06日

緊迫しているシリア情勢


反政府運動に対する弾圧が続く緊迫した状況が続くシリアで,反体制派によると,中部ホムスなどでアサド政権による暴力が激化し,少なくとも74人が死亡したそうです。国際社会は非難の声を強めており,アメリカは在シリア大使館を閉鎖し,英国は駐シリア大使を召還したそうです。さらに,シリアの情報を収集している人権団体によると,ホムスへの攻撃は依然として続いており,府軍が市街地の1つの地区をロケット弾や迫撃砲で集中的に攻撃しているようです。これに対して,政府軍から離反した兵士で作る「自由シリア軍」が反撃を試みているようです。もっとも,十分な武器を装備していないことから住民を守り切れていないとのことです。国連安全保障理事会で非難決議がロシアと中国の反対により廃案となり,手詰まり感がありますがどうなることでしょう。

タグ:シリア
posted by まったりな。 at 23:14 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック