2012年03月10日

東日本大震災を未曾有の被害を数字で振り返る


記事によると東日本大震災の被害の数字的なものは,以下の通りです。
■2011年3月11日午後2時46分 マグニチュード(M)9.0の巨大地震発生
 震源:三陸沖(北緯38.1度、東経142.9度、牡鹿半島の東南東130km付近、深さ約24km)

■津波
 地震発生から3分後に津波警報発令 
 宮城県石巻市、福島県相馬市、岩手県大船渡市などで高さ15メートルを超える津波を観測

■死者: 1万5846人
■行方不明者: 3317人
■負傷者: 6011人
■避難者: 34万1411人

■全壊建物: 12万8558棟
■一部損壊建物: 91万6883棟
■仮設住宅: 5万2882棟(建築中を含む)
■被害の大きかった宮城、岩手、福島の3県で発生したがれき: 2200万トン

東日本大震災から11日で1年を迎える訳ですが,数字で見るとちょっと怖い感じはします。復興は未だ遅々として進みません。とくに放射能の影響がどうなるかは分からないため全く手つかずの地域もあるようです。日本にある底力を見せるときなんでしょうけど政局ばかりか人気取りだけ報道がたくさんの状態では無理だろうなと残念な気持ちになります。

posted by まったりな。 at 22:13 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック