2012年04月16日

タリバンの「春の攻勢」,カブールなどで同時多発攻撃


アフガニスタンの首都カブールなどで起きた旧支配勢力タリバンの同時多発攻撃が起きたようです。日本大使館には,15日に引き続き,16日午前にも,ロケット弾が撃ち込まれています。館員にけがなどはありませんでした。一連の襲撃について,タリバンが犯行声明を出して,アメリカ軍兵士がコーランを焼却した事件や市民17人を射殺した事件への報復だとしています。日本政府においては藤村官房長官が,会見で「強い怒りと衝撃を覚えている。決して許されるものではなく,わが国は,断固として非難しなければならない」と述べています。アフガニスタンの内務省は,カブールと東部ジャララバードなど4都市で襲撃犯19人を殺害し,2人を拘束したと明らかにしたして,「カブールでのすべての戦闘は終わった」と発表し,戦闘開始から約18時間後に襲撃グループを制圧したことを明らかにしています。まだ不安定な要因が残っているようです。

posted by まったりな。 at 21:51 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック