2012年06月20日

Microsoftがタブレット型端末「サーフェス(Surface)」を発表


米マイクロソフトが,独自のタブレット端末「サーフェス(Surface)」を発表しました。2012年末までには発売が見込まれる次期OS「Windows 8 Pro」または「Windows RT」を搭載して,カバー型の薄型キーボードを装着できる新コンセプトの端末となっています。「Windows 8 Pro」モデルは,米インテルの第3世代Core iシリーズ,「Windows RT」モデルは英アームのARM系CPUを搭載したハードウエアとなりそうです。ちょっとした驚きは,サーフェスのカバーは一部がキーボードとなり,圧力感知型のキーボードを備える「タッチカバー」と従来型に近いキーボードを備える「タイプカバー」の2種類がでるようです。キーボード端末好きなまったりな。はAndroidでのキーボード付きの端末がいまいちなところから興味津々です。ところで,Windows Phoneは本気出さないのでしょうかね?まぁPCのおまけの位置づけをさっさと脱却しなかったツケが回っているのでWindows Phoneは黒歴史に名理想予感がします。

posted by まったりな。 at 22:21 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック