2012年07月02日

小沢元代表ら50人が離党届


民主党の小沢一郎元代表ら50人が,党執行部に離党届を提出したそうです。離党届を提出したのは衆議院から38人,参議院から12人で,大半が消費増税法案の衆院採決で反対票を投じた議員となっています。離党者数50人は,衆議院で与党を過半数割れに追い込む数には届かず,参議院でも民主党が第一党を維持できる規模にとどまります。政権運営が厳しくなるのは避けられない。また,自民・公明は3党で修正合意した消費増税関連法案の審議には協力する考えを示しているが,その後の特例公債法案などの審議で協力を得られる見通しはたっていないため不透明感が漂っています。マニュフェストをかなり繰り捨てた現執行部の方がおかしいわけで,離党すべきは現執行部ではないのか,あるいは民主党は解党すべきではないかと思います。日本の民主主義は死んでいるのでしょうか。

参考リンク
小沢氏離党表明全文

posted by まったりな。 at 22:59 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック