2012年07月07日

凸版印刷が電子ペーパー採用の書籍端末を今秋発売


凸版印刷(とっぱんいんさつ)株式会社のグループ会社で国内向けオンライン書店を運営する「ブックライブ(BookLive)」が,都内で開催中の電子出版の見本市で,今秋に発売を予定する独自開発の電子書籍端末を公開した。発表された新端末は,モノクロ画面の6インチサイズと持ち運びやすい大きさです。約8万冊の書籍を用意し,同社の電子書籍サービス「ブックライブ!」で提供する。端末の名称や価格は未定で,専用端末の発売で先行するソニーや楽天などに対抗するそうです。正直にいって,端末を別に用意するよりも格安で他社のAndroid端末とかを提供した方がいいような感じがしますけど?シャープのガラパゴスの失敗とかあまり学ばないのでしょうかね?いずれにしても規格競争とか厳しい著作権保護機能とか供給側の論理だけではずっと電子書籍元年が当分続くことになりそうです。

posted by まったりな。 at 21:39 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック