2012年08月31日

『ジロンド派の興亡』

ジロンド派の興亡 (小説フランス革命)ジロンド派の興亡 (小説フランス革命)
佐藤 賢一

集英社 2012-06-26
売り上げランキング : 176183

Amazonで詳しく見る

小説フランス革命の新刊がだいぶ間を開けてやっとでたようです。6月くらいは忙しかったので,なかなか本を読むことが出来なかったのですが,お盆の時期を利用して読みました。フランス革命のジロンド派(中流ブルジョワなどを中心とした穏健共和派)の指導者の1人であるロラン夫人がメインで物語が進んでいきます。美貌に加えて並外れた知性と教養をもっていたとされています。また,1791年ころにパリに移住し,住居にサロンを開き各界の名士と交流してジロンド派形成するような手腕の持ち主だったようです。もっとも本書では,ダントンなどをたきつけて,再度の市民の蜂起を画策するなどの陰謀家の部分が強調されいる感じがします。主要参考文献なども役に立つのではないでしょうか。楽しみしているシリーズであります。

posted by まったりな。 at 19:37 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック