2012年09月27日

「中国への妥協はあり得ない」


野田佳彦首相が,ニューヨーク市内のホテルで記者会見して,尖閣諸島の国有化に中国が反発していることについて「歴史上も国際法上もわが国固有の領土であることは明々白々だ。領有権問題は存在しないのが基本で、そこから後退する妥協はあり得ない」と述べたうえで,国有化撤回など中国に譲歩しない考えを強調したそうです。なんかよく分からないのですが,領土問題がそもそもないので,当たり前の談話についてニュースとして報じる価値があるのかなぁと思うのですけど,いかがなものでしょうか。もっとも,民間における日中の交流が止まってしまうのは考えものなのでどこかで折り合いをつけられるとよいとは思うのです。

posted by まったりな。 at 21:28 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック