2012年10月18日

沖縄で米兵2人を逮捕、集団強姦致傷容疑


垂直離着陸輸送機オスプレイの配備をめぐって反米感情が高まっているのに,沖縄県で日本人女性を襲ったとして,アメリカ海軍の兵士2人が集団強姦致傷容疑で逮捕されました。仲井真弘多知事は在日米大使館,首相官邸,外務省,防衛省などを訪れ抗議をおこないました。日本政府としては,野田首相が首相官邸で森本敏防衛相と会談し,沖縄県で起きた米兵による事件について「あってはならない事件だ。この種の問題を根絶するよう米側と十分協議し,調整してほしい」と再発防止策の検討を指示しています。しかし,どこまで本気なのか,また沖縄に対する基地負担が過大すぎることをどう考えているのかまったくわかりません。そもそも日米地位協定が根本的な問題であるのでこれをどうにかするのが基本だと思うのです。協定まで踏み込むつもりはないだろうなぁ。

posted by まったりな。 at 22:26 | 千葉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実効支配とは、
ロシアの国家元首・メドベージェフ大統領が北方領土を訪問。
韓国の李明博大統領が竹島を訪問。
日本の野田首相が尖閣列島を訪問。
ということになるのかな。

北方領土をロシア軍が守る。竹島を韓国軍が守る。尖閣列島を日本軍が守るということでしょう。

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を借る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).
自分の力が及ぶ領域の範囲内に、自分の正義は通用する。

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別がない。
現在のことは過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来のことに辻褄を合わせて語ることは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/
Posted by noga at 2012年10月19日 05:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック