2012年11月12日

小沢氏再び無罪判決


政治資金規正法違反罪に問われた新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対して東京高裁が第一審に続き無罪を言い渡しました。まぁ虚偽の捜査報告書にもとづいて起訴したりどうかしているので控訴審も無罪は当然のような気もしますが,そもそも指定弁護士が控訴したのが信じられないです。指定弁護士はいったい何を考えているのでしょうか。あと,この問題について行政権(検察)による政治の介入という問題を等閑視しているのか報道もほとんどなされないようで,びっくりです。マスゴミのゴミさかんげんに2度ビックリです。あれだけ検察の書いた意図に悪のりして小沢一郎をバッシングしておいてぜんぜん報道しない点に驚愕しました。指定弁護士はさらに検察の顔に泥を塗るためにぜひ上告して判例として検察のインチキが残るようにして欲しい物です。指定弁護士のさらなるKYぶりを応援しています。

posted by まったりな。 at 21:14 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック