2013年03月15日

福島原発沖で活動の米兵らが東電を提訴


2011年の東日本大震災後に福島第1原子力発電所の事故収束作業の危険性について偽って伝えられたとして,災害救助・救援および復興支援を活動内容とする”トモダチ作戦”に従事したアメリカ軍兵士らが東京電力(TEPCO)を相手取り総額20億ドル(約1,900億円)以上の損害賠償を求める訴訟をアメリカで起こしているそうです。アメリカ防総省は震災後の活動で米兵たちが浴びた放射線量は健康に大きな害が出るレベルではないと説明しています。しかし,原告側は被ばくが原因とみられる頭痛や集中力の欠如・直腸出血・甲状腺異常などの症状に苦しんでいると主張しています。キチンと日本政府が経費を全負担をすればこんなことにならなかったじゃないだろうかとおもうのですけどね。

posted by まったりな。 at 22:57 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック