2013年03月22日

世界の深海に住む巨大イカは全て同一種か


巨大イカ「ダイオウイカ」の謎に包まれた正体を解明するべく行われたDNA解析の結果がが,20日にイギリス学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」で発表されたそうです。ダイオウイカは実は希少種ではなく,深海に多くの数が生息しており,その幼体は暖流に乗って,極地域を除いた世界中の海に広まっている可能性があるという。また,「ダイオウイカ属には『Architeuthis dux』の1種しか存在しないということを強く示す」証拠が得られたと述べている。もし事実ならば「この種は汎存種で、相当な数が生息している可能性が高い」という。バスほどの体長と暗い深海で獲物を見つけるためのビーチボール大の目を持つダイオウイカは,地球上に存在する無脊椎動物の中でも最大級となります。ふーん。

posted by まったりな。 at 22:51 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック