2008年06月06日

携帯の送受信から追跡調査


携帯電話使用歴の追跡調査から,人間の行動に一定の数学的パターンがあるとした米国の研究チームによる実験結果が,英科学誌『ネイチャー(Nature)』最新号に発表されたそうです。

今回の実験結果では人々の移動の動機や行き先までは明らかになっていないが,伝染病の拡大の防止対策などに有益なデータを提供できると期待を示さています。案外普段の活動は,限定されていえるものなのでしょう。

posted by まったりな。 at 12:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AFPBB News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック